急な現金用立てはファクタリングで解決!資金繰りやキャッシュフローに気を配ろう!

沢山の一万円札

経営が常に順調と言うことはありません。順調に利益を上げ続けることは重要ですが、それでもキャッシュフローに悩んでしまうことが起こり得ます。売り上げが上がったからと言って、すぐに現金を得ることができるわけではありません。営業の立場であれば、そこまでいけば業務終了となりますが、経営者はそれでは済みません。

会社を運用するためには、いろいろな費用が必要です。給与や仕入れなど現金がなければ業務が立ち行かなくなります。そのような資金繰りは頭の痛い問題の一つです。現金がすぐに手に入らない理由の一つに、手形があります。

売買契約が終了すれば収入が得られることは確定してますが、支払いは2ヶ月後などと言う条件が付されることがあります。それはお互いの会社が同意の上で決めるものですが、その期日までは現金が入手することができません。そのような手形が増えていくと、現金が足りなくなり資金繰りに困ることになってしまいます。このようなキャッシュフローのトラブルによって、売り上げが上がっているのに倒産すると言った状況に陥る恐れもあります。

仕入れや給与を手形で支払うことはできません。現金がなければ焦げ付いてしまいます。支払い期限は近づいているのでどうにかしなければいけない、そんな時はファクタリングが便利です。現金を入手する方法として、銀行の融資や貸付などが考えられます。民間金融業者から借りることもできますが、いずれも返済が必要となりますので、資金調達ならファクタリングを活用すると良いでしょう。

返済が必要な資金を作ってしまうと、負債として考えなければいけません。金利を加えた費用を返し続けることは、さらなるキャッシュフローの問題を隆起することになるかもしれません。支出を増やすからそのようなことになりますが、増やさないままで現金が手に入れば安心です。それを可能とするのが、ファクタリングです。

ファクタリングは手形の現金化のことを言います。これから現金が入ってくる予定の手形を買い取ってもらうことで、現金を調達します。手数料はかかりますが、早ければ即日現金化することが可能です。手に入れることができる手形だからこそ信用が得られるので、審査が早く済ませることができます。銀行の融資は審査に時間がかかり、間に合わないこともあります。また、審査の条件も厳しいので、最悪の場合、融資が得られない恐れもあります。そのようなリスクを考えると確実で迅速なファクタリングで対応した方が、確実で安心です