嫌われる経営者が良い?それとも好かれる経営者?両立場について考えてみた

一体だけ着色されている人形

経営者になると言うことは、人を使う立場になります。もちろん従業員として働いているときとは人の接し方が変わってきます。その会社の最高位の権力を有しているからこそ、周りの接し方はそれぞれです。相手は出方を見て、いろいろな判断から受け答えをしてくれることでしょう。つまり、印象は自分である程度コントロールできると言うことです。

では好かれるように振る舞う方が良いのか、嫌われるぐらいの方が良いのか、どちらがメリットが大きいでしょう。好かれると言うのは、社員の立場を考えている、フレンドリーな接し方をしていることが重要です。メリットとしては、孤独を感じないでチームとして目標を達成できる点です。自由な発言を期待できるため、オープンな職場が形成できるでしょう。

当然ですが、全て一人でできるわけではないので、従業員を雇用しているわけで、本来自分で行うべきことをやってもらっています。自分と同じ気持ちで働いてもらえれば、それだけ結果がよくなる可能があります。

デメリットとしては、言いたいことが言えなくて社員をコントロールできない恐れがあるとことです。これを言ったら嫌われるなどと考えてしまうと、無理なことを頼み辛くなります。指示すべき点が、しっかりと伝えることが重要です。

嫌われる経営者とは、自分の考えを強く語るケースが考えられます。誰でも、強制的にやらされれば、良い感情を持ちません。文句を言いながら対応することもあるでしょう。デメリットとしては、協力者がいない恐れがあることです。気がついたらついて来てくれる従業員がいないかもしれません。

メリットとしては、相手に関係なく指示の伝達ができる点です。トップダウンで統制が取れれば、業務のスピードが維持できて、目標に向かうことができます。本来の主従関係を考えれば当然のことですが、伝達の方法に感情が入らないように気をつけなければパワハラになることがあります。

嫌われる経営者になった場合に注意すべきは、ゴールへの強い気持ちがあることと公平な立場を維持することです。意味がある指示であり、人によって接し方を変えなければ、それは経営そのものです。この二つをなくしまうしまうと、ただの感情的な振る舞いとなり業績も良くならず、ただ社内の環境が悪くなるだけになってしまいます。経営者は孤独なもので、好かれると言う立場は本来変わった状態と言えます。どちらを選んでも目標がぶれないことに注意しましょう。